神旺商務酒店(サンワンレジデンス)

  • 神旺商務酒店

    さながら美術館、神旺商務酒店(サンワンレジデンス) の美術品、骨とう品には癒されます。
    お客さんを接待するボーイさんや受付のスタッフなど、日本語を勉強して、全身全霊で接待しています。
    その成果を表す数々の受賞に輝いています。
    triipadvisor2010~2012台湾ホテルTOP103年連続受賞。2012年 ラグジュアリーホテルTOP10 受賞。2010~2011-楽天トラベルアワード 2010「お客様満足大賞」受賞。2011「ライジングスター賞受賞」 2011世界ラグジュアリーホテル大賞。2011、台湾区唯一受賞。
    このホテルの董事長は台湾旺旺集団の総裁であり、大の親日家です。
    日本の3.11大震災が発生した時、間髪を入れず即座に個人資財を3億円、続いて会社から3千万円を寄付してくださいました。本人は何も語りませんが、その事に感動した私は、何かにつけて話し回っています。彼のお客様をもてなす気持ちがヒシヒシと伝わってくる、全館の美術品です。
    ご覧下さい。

楊英風さんの作品

  • 先ず玄関に入る前に門の外に台湾出身の世界的有名な彫刻家「楊英風」先生の作品「龍穴」がドーンとパワフルに立っています。 楊先生は、日本の国立東京芸術大学、北京輔仁大学美術学科、台湾師範大学芸術学部、イタリア国立ローマ大学彫刻学部、などで学び、生涯を通して千点を超える油絵や漫画、彫刻、版画、レーザーアート、景観、建築デザイン等、様々な芸術作品を創作し、無数の栄誉に輝きました。

◇作品


  • 「龍穴」

王秀杞さんの作品

  • 玄関から入ってすぐ左側に、台湾出身の「王秀杞」さんの可愛い作品が並んでいます。

◇作品


  • 旺狗迎賓(旺犬のお迎え)

  • 神気(僕は得意だ)

  • 心中的願望(心の願い)

  • 天使心(天使の心)

  • 読書楽(楽しい読書)


朱銘さんの作品

  • 朱銘
    1968年に彫刻家「楊 英風」先生に師事、彫刻創作の道を歩み始める。
    初期の作品は「牛」 や「放牧する少年」等、郷土をテーマとしたが、その後 中国の哲学を融合した「太極」シリーズの作品を創作し、世界に名を馳せるきっかけとなる。
    太極は中国伝統文化のエッセンスを集めたもので宇宙の起こりから、命のあり方、身体の 調合を表します。
    朱銘は、木、或いは青銅等の異なる素材を用いていますが、この複雑かつ 深遠な哲学を現代の具体的芸術言語へ転化することに成功しました。
    1999年台北県金山郷にて約11ヘクタールの敷地内に「朱銘美術館」を設立し 2000年に、日本東京クリエイション大賞の海外賞を受賞しました。

◇作品